皆さん、こんにちは
連日のW杯TV観戦で寝不足気味のスタッフ関谷です。



○○半端ないって!!は今年の流行語大賞待ったなしですね!!



さてさて話は変わって今日はリムバンドについてお話します。



これがリムバンド。ヘビじゃないですよ(一生懸命寄せました…(苦笑))
IMG_0440.jpg


自転車のどの部分の話かというと…

自転車のホイールについて説明しましょう。
ホイールは、中心部のハブと外側のリムと呼ばれる輪っかを放射状につないでいるスポークというもので編み込んだ構造になっています。
このスポークをリムに固定する部分をニップルといい、
IMG_0439.jpg


ご覧のように、チューブが入る面に対して剥き出しになっています。

チューブを傷つけないよう、ここに巻いてあるのがリムバンドです。

リムバンドがずれてしまうと、どうでしょう??
IMG_0438.jpg


尖ったニップルが膨らんで薄くなったチューブ表面を刺激して..........


パンクしてしまいます。






一般車のリムバンドはゴムで出来ているものが多いのでやはり経年劣化で切れたり伸びたりしてしまいます。
スポーツ車に多い、ダブルウォールというつくりのリムは、ニップルとチューブが直接触れない構造になっていますが、それでもリムバンドが劣化していると、ニップル調節穴のエッジなどでチューブに微細な穴が開いてしまい、比較的遅いスピードですが空気が漏れていく症状がでることもあります。


タイヤやチューブを交換をするときには、こちらも合わせて交換していただくとベストだと思います。

当店での作業時は、状態をみてこちらからご提案させていただくこともありますので、よろしくおねがいします。

ご来店お待ちしています。
スポンサーサイト